ネズミ駆除にやっておくこととは

家に住み着くネズミの種類はクマネズミが多いのですが、クマネズミの習性は高いところを好むため屋根裏などに住み着いてしまうのです。


ネズミは外敵から身を守るために常に警戒をしており昼間はあまり姿を見ることはありません。

しかし夜になると活動することになり、日が沈んでから屋根から物音がするとネズミが住み着いていることになります。

ネズミは繁殖力があるので巣を作って繁殖します。

数が多くなると駆除にも時間がかかることになり被害も大きくなります。まだ巣を作る前なら超音波などを使用して追い出すという事も可能です。


巣を作って数が増えると様々な場所に傷が目立ち始めます。

ネズミの駆除の便利な情報を集めたサイトです。

ネズミはなんでもかじるので家具や壁など傷がついてしまいます。
またネズミは病気を持っているのでそれが人にうつる事もあります。


ネズミ駆除を行う場合は業者にお願いをすると確実なのですが、自分でできる事もあります。

数を減らすということと、超音波で追い出すという方法になりますが、数を減らすには粘着シートや捕獲カゴを使用して数を減らしていきます。

超音波はネズミに効果がありストレスを与えて追い出します。ネズミ駆除はエサを与えないという事も大事です。


食べ物のゴミだけでなく花などもエサにするのです。エサがあるといつまでも住み着こうとします。



エサがなくなり、数も少なくなり超音波のストレスでネズミはこの住処を諦めて出て行くことになるのです。

ネズミ駆除にはこのような方法が効果的です。