家庭で行うネズミ駆除対策

日本に多くいるネズミの種類としてはクマネズミ、ドブネズミ、ハツカネズミといった種類であり、クマネズミはビルなどの高いところにも生息することができ。

ドブネズミは泳ぎが得意で下水などにも生息しています。


ハツカネズミは倉庫などに住み着くことが多いのです。
これらネズミは環境に適応する能力が高いため、家の中の環境がよければそこに住み着いてしまうのです。

一般的にはクマネズミは天井に住み、ドブネズミは床下に住んでいることが多いのです。

クマネズミは警戒心が強いこともあり昼間よりも夜間に行動します。

ネズミの駆除の最新情報が知りたい方にはこちらです。

それも人の気配がなくなってから活動するために寝ているときに屋根あたりから物音がするとネズミが住み着いていることが考えられます。
ネズミは家にある家具などかじるので、傷がついてしまうのです。
食べ物も荒らされてしまい毎日どこかかじられているということになります。
ネズミの被害はこれだけでなく、人にも影響があります。
それば病原菌を持っていることやネズミからダニが家に侵入してくるのです。
ダニに噛まれてしまうことにもなります。

ネズミ駆除は家庭でもできることがあるので、このような被害を最小限に抑えるためにもネズミ駆除は必要なことです。

家でできることは粘着シートを仕掛ける方法があります。



捕獲したネズミは処分しなければなりませんが、数を減らす効果があります。

超音波をセットしてネズミを追い出す方法も効果的です。
ネズミ駆除はこれらの方法をいくつか組み合わせて実施します。